上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
ずいぶんサボっていた更新ですが、心機一転頑張ろーと思います。

昨年、祖母が逝去したので年賀状は出しませんでした。
ですから、いただいた方々に寒中見舞いの形で年始の挨拶に代えさせていただくことにしました。

年賀用はがきで出すと「忘れてたな、コイツ」と思われると シャク 失礼なので普通はがきと交換してもらいに郵便局へ行きました。
事前にある程度購入していたので、4枚分の未使用年賀はがきを交換してもらう予定でした。

未使用なので、勝手に『無料で交換してもらえるだろう』と考えておりました。

申し遅れましたが、年末年始の乱れた生活のため、僕の財布には一円すら入っておりませんでした。

そんな僕にむかって窓口の職員が浴びせやがった一言は



「1枚5円の手数料が必要ですので、20円いただきます」




(´・ω・`)ノ

(´・ω・,';,';,',

(´・ω,';,';,',

(´,';,';,',

(,';,';,

';,,('

サラサラサラ・・・・・



スポンサーサイト
2008.01.04 Fri l 未分類 l COM(0) TB(1) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://mitsuhikovic.blog115.fc2.com/tb.php/85-54e3b671
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
寒中見舞い寒中見舞い(かんちゅうみまい)は二十四節気の小寒(1月5日頃)から立春(2月4日頃)までの寒中に行う見舞いを言う。現在では、豪雪・寒冷地域での相手を気遣う手紙等を指す。また年賀状の返答などにも使う。また、節分などの行事の参加依頼など、季節の行事への参...
2008.01.05 Sat l ちづるの部屋
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。